女にとっての婚活

婚活 大阪 出産

一方、女性にとっての婚活はまったく違うものになります。

なぜなら、女性にはタイムリミットがあります。

そうです、出産です。

晩婚化が進んでいるとはいえ、出産は出来れば若いうちの方が良いのです。

これは、医学の面はもちろんですがその後の生活を考慮しても、やはり若い方が良いのです。

シビアな現実ではありますが、いくら医療が進んでいるとはいえ年齢と共に女性の体は妊娠しづらくなっていきます。そして、排卵が終われば妊娠出来なくなります。

子供が欲しいのであれば、それまでに子供をつくらなければなりません。

出来れば若い時にと考えるのは種の本能として当然です。

晩婚化が進み、40代での出産も増えていますが、出来れば20代、あるいは30代前半のうちにと考えている女性は多いでしょう。

また、40歳で出産したとすると、子供が成人の時に自分が60歳になります。

せめて子供が大学を卒業するまでは現役でいたいと考えている女性も多いですから、そうなるとやはり遅くとも30歳から35歳くらいまでの間に出産をと考えるのです。

この年齢が迫ってくると、女性としては「タイムリミット」が近付いているようなものですから、婚活で必死になるのも致し方ありません。

ましてや先にもお話したように、結婚相手によってそれからの自分の人生が変わるのですから、あれこれ理想を掲げるのは当然です。

誰だって好き好んで辛い生活を送りたいとは思わないでしょう。

誰もが出来れば楽な生活を送りたいと考えているものです。

より良い条件の男性と結婚した方が自分の生活だけではなく、子供の生活とて楽になりますので、ハイステータスの代名詞でもある医者や、安定感の代名詞でもある公務員が人気の職業となっているのは当然です。

逆に今のご時世、いつ潰れるか分からない中小零細企業ですとか、不安定な自営業やフリーランスの人間は敬遠されがちです。

恋人として付き合うのであれば収入や職業よりも自分自身とマッチするかどうかで考えるものの、結婚となると話は別。

このように考えている女性はとても多いです。

つまり、女性にとっての婚活とは自分自身のこれからの人生を賭けたものになります。

婚活に必死になっている女性を見て辟易する男性も珍しくないとお話しましたが、それは当たり前なのです。

人生がかかっているのですから本気になるのは当然です。

更に言えば、自分だけの人生だけではなく、生まれてくるであろう子供の人生まで決まるのですから。

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.