男にとっての婚活

婚活 大阪 収入

男女によって婚活はまったく異なると言っても過言ではありませんが、男性の婚活から考えると、そもそも相手となる女性に、先にお話ししたような「結婚後は楽したい」との気持ちがありますので、ステータスの高い男性が求められています。

ステータスとは、ずばり収入です。

学歴が高い方が良いというのは、学歴が収入に比例するイメージがあるおかげであって、それこそ大卒ではなくともバリバリ働いて多くの収入を得ているのであれば、それはそれで構わないでしょう。

身長が高い方が良い、イケメンが良い。

確かにこれらの理想もありますが、これらと収入は無関係です。

その点は女性はシビアです。

まず何より収入。

ルックス等、外見は二の次。

婚活を頑張っている女性はこのようなタイプが多いです。
つまり、男性が婚活を行う上で、キーポイントとなるのは収入です。

収入によって自分が選ぶ側になれるかどうかが決まってきます。

このような風潮に嫌気がさしている男性は、婚活を諦め、独身の方が気楽だと開き直る傾向が強いです。

また、男性の場合結婚して何かが変わる訳ではありません。
女性の場合は苗字も変われば出産すれば母親になります。

仕事をしていた女性が専業主婦になるケースもあるでしょう。

つまり、結婚は女性の環境は変わる可能性が高いものの、男性にとっては劇的な変化をもたらすものではないのです。

むしろドライな言い方をすると「負担が増えるもの」でしかないのです。

近年では財布を別に管理している夫婦も多いようですが、妻の年金や保険料、各種保険に生活費。家賃。独身時代とは比べものにならない程、お金がかかりますので、「独身の方が気楽」「結婚は罰ゲーム」と思っている男性もいるのです。

「お金さえあれば結婚したいけど、自分の収入ではただの苦行」と思っている男性はとても多いです。

結婚に関しては、男性の方が現実を見ているとの声もありますが、自分自身の負担が増えるのですから当然です。

学生時代等に出会い、そのまま結婚するのであれば相手への情も深いですから「負担が増えても頑張りたい」と思うのですが、婚活の場合はそのような慕情がありません。

一方で女性に視線を向ければ人間性ではなく、収入ばかりを見る。

そのため、「無理に結婚する必要ないのではないか」と考えてしまう男性が多いのです。

家事も炊事も出来る男性の場合、特にその傾向が強く、妻となる女性に頼らなくともすべて自分で出来るのですから結婚の意味そのものも薄れるのです。

0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.